2008年3月のセキュリティリリース (Office 以外も注意)

小野寺です


今月は、事前通知でお伝えしていたとおり 計 4 件 (緊急4件)を公開しました。


今月は、セキュリティ アドバイザリ 947563 でお知らせしていた Excel の脆弱性に対処しました。MS08-014 で対応していう脆弱性のうち CVE-2008-0081 (マクロ検証の脆弱性) がそれに該当します。 悪用は、いわゆるターゲットアタック (スピア型攻撃)であるため、広範には及んでいませんが、先日の「北京オリンピック」で興味をひくようなものもあるので、注意するとともに早期の更新の展開をお勧めします。 ちなみに、OneCare/Forefront ではCVE-2008-0081 を悪用しようとする Excel ファイルは、Exploit:Win32/Exrec.A として検出可能です。


MS08-017 は、影響を受ける製品と展開にいささか注意が必要です。今月は、Office 製品のみが影響を受けるという印象がありますが、MS08-017については、Office Web Component (OWC) を更新しており、このコンポーネントは、いくつかの”Office以外の製品”にも含まれています。また、Office 2000向けの更新のみ公開作業を引き続き行っております。
影響を受ける OWC を含む製品は以下となります。


開発環境 (クライアント)
Visual Studio .NET 2002 Service Pack 1
Visual Studio .NET 2003 Service Pack 1


サーバー環境
Microsoft BizTalk Server 2000
Microsoft BizTalk Server 2002
Microsoft Commerce Server 2000
Internet Security and Acceleration Server 2000 Service Pack 2


 また、MS08-016は、Office 2003 SP3 は影響を受けないのですが、Microsoft Update によって、Office 2003 SP3 環境にも更新プログラムが展開されます。 これは、セキュリティ更新に含まれているモジュールが、Office 2003 SP3 のモジュール バージョンよりも新しいためです。手動や他の更新システムで配信する場合は、Office 2003 SP3に対してして配信する必要はありません。


今月のセキュリティ情報のストリーミング配信を午後を予定しています。
http://www.microsoft.com/japan/technet/community/events/webcasts/security.mspx

Share