Windows XP SP3でMS06-069が復活?

小野寺です。


”Windows XP SP3でMS06-069で復活 (ロールバック)”という話が、幾つか舞い込んできて、耳にしたときは一瞬背筋が寒くなりました・・・
確認してみると、色々と誤解があったみたいで、先日の SANS Institute のblogに端を発しているようでが、さらに元を辿ると、MS06-069をWindows XP SP3 に関連して更新したことにあるといえばあります。


5月の定期リリースの時に MS06-069 (Adobe Flash Playerの脆弱性) のセキュリティ情報を更新してたのですが、更新理由は、Windows XP SP3の公開に伴って、MS06-069の「影響を受ける製品」の一覧を更新し、Microsoft UpdateでWindows XP SP3上でも MS06-069が正しく検出できるように変更しました。


SANSの記事は、微妙な書き方ですが、誤解はないのですが、回り回って、「Windows XP SP3 を適用すると昔の MS06-069 が復活する」という話になってしまったみたいですね。


正しくは、Windows XP SP3のパッケージには、MS06-069の更新プログラムに相当するものを含まないため、Windows XP SP3 をPCに新規にインストールした場合等に、他の更新とと一緒に MS06-069 の適用が必要ということです。


Windows XP SP2 で今までセキュリティ更新を適用してきた環境では、Windwos XP SP3を適用しても、MS06-069を再適用する必要ありません。 ちなみに、Windows に含まれているのは、 Flash Version 6 ですが、最新の Flash をインストールしている環境に Windows XP SP3 をインストールしても、Flash 6 に戻るようなことはありません。
どうしても心配な人は、 %systemroot%\system32\Macromed\Flash にある Flash6.ocx のバージョンが 6.0.88.0 以上でああることを確認してください。


 

Share