Adobe Flash Player の脆弱性を修正するセキュリティ更新プログラムを定例外で公開

本日、セキュリティ情報 MS17-005Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム」を公開しました。

Adobe 社は、2017 2 15 日に Adobe Security Bulletin APSB17-04 のリリースで、Flash Player のセキュリティに関する特定の脆弱性に対処する更新プログラムをリリースしました。この公表された脆弱性に関するリスクからマイクロソフトのお客様を保護するために、マイクロソフトでは、影響を受けるマイクロソフト製品のセキュリティ更新プログラムを公開しました。

 

次のオペレーティングシステムをご利用のお客様は、できるだけ早期に、セキュリティ更新プログラムを適用するようお願いします。

Windows 8.1, Windows Server 2012, Windows Server 2012 R2, Windows RT 8.1, Windows 10, および Windows Server 2016

 

なお、既定の設定では自動更新が有効であるため、自動でセキュリティ更新プログラムが適用されます。

Share