2018 年 10 月 Office 365 で TLS 1.0, 1.1 での接続無効化。 最終確認を!

こんにちは、垣内ゆりかです。

 

マイクロソフトでは、Transport Layer Security (TLS) 1.0, 1.1 の利用を廃止し、より安全なプロトコルである TLS 1.2 以降への移行を推奨しています。(参考: 過去ブログ [IT 管理者向け] TLS 1.2 への移行を推奨しています)

 

2018 10 31 日より、Microsoft Office 365 では TLS 1.0 および 1.1 のサポート廃止を予定しています。

Office 365 サービスに正常に接続するためには、2018 10 31 日までに、クライアントとサーバー間、ブラウザーとサーバー間のすべての組み合わせで TLS バージョン 1.2 (またはそれ以降のバージョン) を使用するように設定する必要があります。期日までに、対応を行っていない場合、Office 365 に接続する際に、接続できないなどの問題が発生する可能性があります。

TLS 1.2 を使用できないクライアントの一例としては以下のものが挙げられます。サービスに継続的にアクセスするために、クライアントを更新してください。

  • Android 4.3 およびそれ以前のバージョン
  • Firefox 5.0 およびそれ以前のバージョン
  • Windows 7 上の Internet Explorer 8 10 およびそれ以前のバージョン
  • Windows Phone 8.0 上の Internet Explorer 10
  • Safari 6.0.4/OS X10.8.4 およびそれ以前のバージョン

 

また、フェデレーション環境では、AD FS および WAP (Windows Server 2012 以前は AD FS Proxy) TLS 1.2 による接続を有効にする必要があります。詳細は、Office 365 TLS 1.0/1.1 無効化に伴う AD FS / WAP (AD FS Proxy) の対応を参考にしてください。

 

 

参考情報一覧

 

Share