2020 年 11 月のセキュリティ更新プログラム (月例)

2020 年 11 月 11 日 (日本時間)、マイクロソフトは以下のソフトウェアのセキュリティ更新プログラムを公開しました。

  • Microsoft Windows
  • Microsoft Office、Microsoft Office Servers および Web Apps
  • Internet Explorer
  • Microsoft Edge (EdgeHTML-based)
  • Microsoft Edge (Chromium -based)
  • ChakraCore
  • Microsoft Exchange Server
  • Microsoft Dynamics
  • Microsoft Windows Codecs Library
  • Azure Sphere
  • Windows Defender
  • Microsoft Teams
  • Azure SDK
  • Azure DevOps
  • Visual Studio

新規セキュリティ更新プログラムを公開すると共に、既存のセキュリティ アドバイザリ 1 件の更新を行いました。なお、今月の「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」で新たに対応を追加したファミリはありません。

■ セキュリティ更新プログラム、セキュリティ アドバイザリに関する主な注意点

  • セキュリティ更新プログラム ガイドが新しいプラットフォームに移行しました。セキュリティ業界で広く使われている共通脆弱性スコアリング システム (CVSS) のスコアを、これまで対象としてきた Windows やブラウザ製品だけではなく、すべての製品に取り入れることで、より多くの項目をもとに脆弱性評価ができるようになっています。詳しくは、「新しいセキュリティ更新プログラム ガイドでの脆弱性情報の詳細」のブログ記事をご参照ください。

※ セキュリティ更新プログラム ガイド ポータルの URL が変更になっています。ブラウザのお気に入りなどに登録している場合は、リンクを “https://aka.ms/sug” にご変更ください。

  • 2020 年 11 月 10 日 (米国時間) を持ちまして、Windows 10 Version 1809 Home、Pro、Pro for Workstation、IoT Core エディションはサービスが終了となります。サービス終了製品をご利用の場合は、最新のセキュリティ更新プログラムを適用するとともに、サポートされているバージョンへの早めの移行をお勧めします。
  • UAC が有効になっているサーバー上で、Exchange 向けの更新プログラムを標準モード (管理者権限ではなく) で手動でインストールした際に、いくつかのファイルが正しく更新されず、OWA や ECP が正常に動作しない可能性があります。管理者権限で更新プログラムをインストールすることをお勧めします。詳細は、サポート技術情報 4588741 をご参照ください。

お客様はできるだけ早期に、今月公開のセキュリティ更新プログラムを適用するようお願いします。

202011 月のセキュリティ更新プログラム

セキュリティの脆弱性および更新プログラムの情報を、CVE、KB 番号、製品、またはリリース日別に並べ替えたりフィルターをかけたりすることができます。

セキュリティ更新プログラム ガイド

各月のセキュリティ更新プログラムを絞り込むには、日付範囲に絞り込む月の第 2 火曜日を指定して検索してください。

なお、セキュリティ更新プログラム ガイド API を活用して、自社に特化したカスタム レポートを作成することができます。API の活用方法を紹介する 6 つのビデオ (API の情報 (GitHub)API へのアクセスHTML ファイルの出力Excel へのエクスポートCVE リストの取得KB リストの取得) を公開していますので、是非ご活用ください。

 

マイクロソフトは新たに確認した脆弱性について、下記の新しいセキュリティ更新プログラムを公開しました。

製品ファミリ 最大深刻度 最も大きな影響 関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ
Windows 10 (v20H2、v2004、v1909、v1903、v1809、v1803) 緊急 リモートでコードが実行される Windows 10 v2004 および Windows 10 v20H2: 4586781

Windows 10 v1903 および Windows 10 v1909: 4586786

Windows 10 v1809: 4586793

Windows 10 v1803: 4586785

Windows Server (2019、2016) および Server Core インストール (2019、2016、v20H2、v2004、v1909、v1903) 緊急 リモートでコードが実行される Windows Server 2019: 4586793

Windows Server 2016: 4586830

Windows Server v2004 および Windows Server v20H2: 4586781

Windows Server v1903 および Windows Server v1909: 4586786

Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、および Windows Server 2012 緊急 リモートでコードが実行される Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 マンスリー ロールアップ: 4586845

Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 セキュリティのみ: 4586823

Windows Server 2012 マンスリー ロールアップ: 4586834

Windows Server 2012 セキュリティのみ: 4586808

Internet Explorer 緊急 リモートでコードが実行される Internet Explorer 用の累積的な更新プログラム: 4586768
Microsoft Office 関連のソフトウェア 重要 リモートでコードが実行される Microsoft Office 関連のソフトウェアに関連するサポート技術情報: 4486718448450844867134484534448674344867344486727448673044845204486740448445544867194486738448672544867374486722
Microsoft SharePoint 関連のソフトウェア 重要 リモートでコードが実行される Microsoft SharePoint 関連のソフトウェアに関連するサポート技術情報: 448670644867144486717448673344867444486723
Microsoft Teams 重要 リモートでコードが実行される Microsoft Teams のセキュリティ更新プログラムの詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイドを参照してください。https://msrc.microsoft.com/update-guide
Microsoft Exchange Server 重要 リモートでコードが実行される Microsoft Exchange Server に関連するサポート技術情報: 4588741
Microsoft Dynamics 365 関連のソフトウェア 重要 なりすまし Microsoft Dynamics 関連のソフトウェアに関連するサポート技術情報: 457700945846114584612
Microsoft Visual Studio 関連のソフトウェア 重要 リモートでコードが実行される Visual Studio 関連ソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイドを参照してください。https://msrc.microsoft.com/update-guide
Azure 関連のソフトウェア 緊急 リモートでコードが実行される Azure 関連ソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイドを参照してください。https://msrc.microsoft.com/update-guide
Chakra Core 緊急 リモートでコードが実行される Chakra Core のセキュリティ更新プログラムの詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイドを参照してください。https://msrc.microsoft.com/update-guide

■ 既存の脆弱性情報の更新

最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) は、アドバイザリ ADV990001 にてご確認ください。

2020 年の Microsoft Edge (Chromium-based) のセキュリティ情報は、アドバイザリ ADV200002 にてご確認ください。

次回のセキュリティ更新プログラムのリリースは、12 月 9 日 (日本時間) を予定しています。詳しくは、年間スケジュールを参照してください。

Share