セキュリティ更新

リモート環境における更新プログラム適用の考慮事項

現在、リモート環境から自社組織に接続する端末や BYOD 端末を利用した業務の必要性が増加しています。これにより、VPN 接続環境やネットワーク帯域が狭い環境で更新プログラムを適用する必要性が生じたり、組織によって管理する必要のある端末が増加したりするなど、企業 IT 環境において更新プログラムの適用環境の変更に迫られている状況も見受けられます。そこで、IT 環境の変更への対応をお手伝いするために、マイクロソフト製品のアップデートに関する特別措置、リモート環境への更新プログラムの適用における注意点・よく寄せられる質問をまとめて紹介いたします。