セキュリティ更新

2012 年 5 月のセキュリティ情報 (月例)

先週の事前通知でお知らせしたとおり、計 7 件 (緊急 3 件、重要 4 件) のセキュリティ情報を公開しました。また、新規にセキュリティ アドバイザリを 1 件公開しました。 今月の「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」では、新たに確認した 2 種類のマルウェアに対応しています。 □  MS12-029 について Microsoft Word (RTF) に脆弱性が存在します。攻撃者は Outlook を電子メール攻撃の方法として悪用して、特別に細工した RTF の電子メール メッセージを標的のユーザーに送信する可能性があります。Outlook 2007 では Word が電子メールのリーダーとして既定で選択されているため、特別に細工された RTF メッセージをユーザーが Outlook のプレビューで表示しただけで悪用される危険があります。Outlook 2003 では既定で Word がリーダーにはなっておらず、表示にユーザーのアクションが必要となり緊急度は下がりますが、Word をリーダーに設定した場合はプレビュー表示で悪用が行われます。いずれのバージョンにおいても早急にセキュリティ更新プログラムをインストールされることをお勧めします。なお、Microsoft Word 2010 は影響を受けるコードを含まないため、この脆弱性の影響を受けません。   □   MS12-034 について 主に TrueType フォントおよび GDI+ の脆弱性を修正しています。複数の関連コンポーネントに影響するため、このセキュリティ情報は、TrueType フォント、GDI+、カーネル モード ドライバー、.NET Framework、および Silverlight について対応しています。脆弱性から防御するために、影響を受けるソフトウェアに対して提供されているすべての更新プログラムを適用する必要があります。 …

2012 年 5 月のセキュリティ情報 (月例) Read More »

Windows Vista/Windows 7 コンシューマー用製品も延長サポートを決定、セキュリティ更新プログラムを継続提供

既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、マイクロソフトはすべての Windows クライアント オペレーティング システム (OS) をお使いのお客様に明確で一貫したサービスを提供するために、OEM 製品、コンシューマー用製品、ビジネス用製品などのエディションに関わらず、5 年の延長サポートを提供することを、この 2 月に決定しました。 これにより、目下 2012 年 4 月 10 日 (米国時間) にメインストリーム サポートの終了を控えていた Windows Vista のコンシューマー用製品 (表1 参照) は 2017 年 4 月 11 日 (米国時間) まで、また Windows 7 のコンシューマー用製品は 2020 年 1 月 14 日 (米国時間) まで延長サポートが提供されることとなりました。この期間中、お客様は継続して新規で公開されるセキュリティ更新プログラムをお受け取りいただけます。 表1: 今回の変更の影響を受ける Windowsコンシューマー用製品と各延長サポート終了日 OS コンシューマー用製品 延長サポート終了日 Windows 7 Windows 7 …

Windows Vista/Windows 7 コンシューマー用製品も延長サポートを決定、セキュリティ更新プログラムを継続提供 Read More »