啓発

GWの前にやれ!

小野寺です。 早い方は、今週末からゴールデン  ウィーク (GW) に入るのではないでしょうか?長~いお休みに入るにあたって、IT 管理者として、また、一個人として気をつけていただきたい事があります。 その辺を、「長期休暇の前に」のページにまとめてありますので、一度は確認いただき、実践してください。そして、今年は、詐欺的ソフトウェアの増加や、先日の Conficker の感染等があり、今まで気をつけてきた人も、改めて注意していただきたいと考え、日々、インターネットの安全に取り組むGIAIS パートナーの方々とも連絡を取り合い、通年よりもより広い範囲に呼び掛けを行っていきます。GIAIS (The Global Infrastructure Alliance for Internet Safety) は、世界中の主要なインターネット サービス プロ バイダーで構成するセキュリティのためのアライアンスで、日本では、「GIAIS パートナー」7 社が参加しています。 「長期休暇の前に」のページでは、各 GIAIS パートナーの方々のセキュリティ対策サイトやサービスも紹介しています。 また、先日 Power To The Pro 2009 の発表の際にお約束した、セキュリティの新ビデオ シリーズのプレビュー版もご紹介します。内容は、この時期に合わせて長期休暇対策です。しかし、今回のビデオは、いつもと少し違います。何が違うかは、自分の目で確認してください。http://technet.microsoft.com/ja-jp/security/cc263898.aspx 今回は、プレビュー版ですが、5 月には正式に専用 Web ページにまとめ、シリーズ物として定期的に提供していく予定です。フィードバックや、取り扱ってほしい話題は、このブログのコメントに書き込んでください。 色々と書きましたが、GW のためだけでなく、時間に余裕のある長期休暇を利用して、忙しい毎日で見過ごしているかもしれない、確認をしてみては如何でしょう?  

子供にとってパソコンは特別な物ではありません、でも・・・

小野寺です。 最近、ワームの関するものが多くなっていましたが、ワームへの感染もふくめて、事件・事故に合わないために・・・ということで、「知っとく!なっとく!親子トクトク 情報セキュリティ・ワークショップ」を近日おこないます。 タイトルにもある通り、子供とその親が対象です。最近ですと、小学校に入るころにはほぼ自由に使えているようです。しかし、その使い方は、利用のモラル、情報の取捨、自己防衛の方法は知らないと思いますし、それを子供に正しく伝えることは、大人でも難しいようです。 今までも、この部分の啓発には取り組んできましたが、今年はTBS, Yahoo, Microsoft共同で、今までと少し違った形で、ワークショップを開催することにしました。 http://www.tbs.co.jp/kids/workshop/security_ws.html TBSアナウンサーの青木裕子さん、または新井麻希さんの司会で、親子ともども楽しめる形になっています。 いつもと違う休日の過ごし方として、いかがですか?

IT Security Award 2009 開始!

小野寺です。 先ほど、2009年 IT Security Award のクイズ出題を開始しました。監督賞、主援賞、作品賞の3つのコースがあり、すべてのコースで豪華(だと私はおもっている)賞品と、最優秀者への表彰とトロフィーを準備しています。 皆様の挑戦をおまちしています。挑戦は何度でも行えますので、100点が取れるまで挑戦してみてください。http://www.microsoft.com/japan/technet/security/award/2009/default.mspx(ちなみに、クイズサイトはSilverlightでつくってあります)

ポータルサイトのリニューアルと、IT Security Award 2009

小野寺です。 Internet Explorerのセキュリティ更新プログラムは既に適用済みでしょうか?「実は、まだ・・・」という方は、先ずは、Microsoft Update でPCを最新の状態にしてから、このブログを読んでください。 さて、今日はお知らせが2つあります。 1つ目は、セキュリティ ポータルをリニューアルです。 今回の変更では、「利用する人に合わせてより情報を入手しやすく、行いたい事が見つかるページ」を念頭に、4つの利用者群「家庭」「企業」「IT Pro」「開発者」に分けてページ構成しています。少しでも、皆様の役に立つことを期待しています。 セキュリティ ポータル

3 分 セキュリティ サプリメント

麻生です。企業向けのセキュリティ対策の基本や、社員に理解してもらいたいセキュリティを纏めたウェブキャストを公開しました。 現状、情報漏えい対策や様々なコンプライアンスへの対応は企業には欠かせないものになってきています。常に変化する脅威の中、最適なコストでセキュリティ ソリューションを選択していく必要があります。特に、社員のセキュリティ教育に困っているという意見を良く耳にしますし、教育には多くの時間とコストが掛かりますが、やはり、どれだけすぐれた技術やルールで会社のセキュリティを固めても、ベースには「人」がいるので、社員へのセキュリティ教育は大切です。 今回は、教育に「そのまま使える」セキュリティ対策の基本とセキュリティの教育を中心にウェブキャストを公開しました。社内で再利用、または再配布も可能ですので、従業員のセキュリティへの意識向上をお考えでしたら、以下のウェブキャストを見ていただくのはどうでしょうか? 従業員に理解させたいセキュリティ (約3分)セキュリティ教育ビデオhttp://www.microsoft.com/japan/protect/videos/scp_work.asx 企業向けのセキュリティ対策 (各約10分)セキュリティ対策のアプローチhttp://www.microsoft.com/japan/seminar/200806_webcast/session1/play.aspx Windows Server 2008 が提供するセキュアな IT 基盤http://www.microsoft.com/japan/seminar/200806_webcast/session2/play.aspx Windows Server 2008: セキュリティ機能が支えるビジネス価値http://www.microsoft.com/japan/seminar/200806_webcast/session3/play.aspx