攻撃

Windows Defender ATP でクロスプロセス インジェクションを発見する

Windows Defender Advanced Threat Protection (Windows Defender ATP) は、企業のセキュリティ運用 (SecOps) 部門の要員に悪意のあるアクティビティについて知らせる、侵入した脅威に対するソリューションです。SecOps 要員による攻撃の発見と対応を引き続き支援できるよう、攻撃の本質の変化と合わせて Windows Defender ATP も進化する必要があります。

Advanced Threat Analytics プレイブックを使って攻撃をシミュレーションし検出する方法

Advance Treat Analytics (ATA) チームが受け取ったフィードバックで大きな割合を占めたのは、攻撃をシミュレーションし ATA がそれを検出する方法を明確かつ簡単に確認する手順を求めるものでした。
その声に応えるために、次を含むプレイブックを作成しました。

「DLL プリロード問題の対策ガイダンス」公開!

こんにちは、セキュリティ レスポンス チームの松田です。 マイクロソフトは、2010 年 8 月 24 日にセキュリティ アドバイザリ 2269637を公開しました。このアドバイザリは、攻撃者が用意した悪意のある DLL ファイルを読み込む可能性(DLLプリロード)について注意喚起したものです。これまでに、マイクロソフトは、この問題に対応するため、2010 年 11 月に Microsoft Office(MS10-087)、2010 年 12 月に Windows ムービーメーカー(MS10-093)、Windows Media エンコーダー(MS10-094)、Windows(MS10-095)、Windows アドレス帳(MS10-096)、インターネット接続のサインアップウィザード(MS10-097)、そして 2011年1月には Backup Manager(MS11-001)と合計 7 つのセキュリティ更新プログラムを公開しました。 しかし、「DLL プリロード問題とはいったい何が問題なのか」、また、「システムを保護するために何をすればよいのか良くわからない」といったフィードバックを頂くことがよくありました。そこで、DLL プリロード問題の詳細と、適切にシステムの保護を行うための方法について記述した「DLL プリロード問題の対策ガイダンス」を作成しました。セキュリティ更新プログラムのインストールと併せて、プリロードの問題への対策を行うことを推奨します。 資料は、次のリンクからダウンロードいただけます。  DLL プリロードの対策ガイダンス   ご参考ください。     追記(1/25):   ガイダンスの表 1 と KB2264107 の 状況 2 の整合性についてご指摘いただきました。Fix It を実施した場合(CWDIllegalInDllSearch の値が …

「DLL プリロード問題の対策ガイダンス」公開! Read More »