Windows Defender Advanced Threat Protection で反射型の DLL 読み込みを検出

最新の攻撃では、ステルス性と持続性を維持するために、フォレンジックな痕跡をほとんど残さない方法が多く使われています。攻撃者は、ディスク上でファイルを作成したり使用したりすることなく、脆弱なプロセスや持続的なプロセスの中に攻撃を潜ませています。先日のブログ記事では、基礎的なクロスプロセス マイグレーションのほか、AtomBombing やプロセス ハロウイングなどの高度な手法を使用して、攻撃者がどのように検出を回避しているかをお伝えしました。