Conficker

Conficker の脅威について ~ マイクロソフト セキュリティ インテリジェンス レポート 第 12 版より

先日、こちらのブログでもお伝えしたように、最新のセキュリティ脅威動向をまとめたマイクロソフト セキュリティ インテリジェンス レポート第 12 版 (SIRv12) を公開しています。 ※ SIRv12 は 2011 年下半期 (7 月 ~ 12 月) を中心に、確認されたソフトウェアの脆弱性やエクスプロイト、ウイルスなど悪意のあるコードの最新の動向を分析し、調査結果の概要をまとめたものです。日本語版については 20 ページ程度でまとめられています。 今日は特集の 1 つ、Conficker について解説したいと思います。 Conficker とは? Conficker は、2008 年 11 月に初めて検出された Windows を標的とするコンピューター ワームです。Conficker は、感染すると他のマルウェアをダウンロードする、ボットネットを構築する、Spam の送信、アカウント情報の収集などのアンダーグラウンドの活動を行います。また、様々なセキュリティ機能を無効にするため、さらなる被害に遭う可能性が増します。Conficker はこの 2.5 年間、企業における最大のマルウェア脅威となっています。Conficker がターゲットとする脆弱性 (MS08-067 Server サービス) への対処は進んでいる一方、弱いパスワードを用いた攻撃が成功要因となっているのが実情です。2011 年第 4 四半期では、170 万のシステムで検出され、2009 年と比較して四半期の検出は 225% 以上の増加率となっています。(図 1) 図 1: …

Conficker の脅威について ~ マイクロソフト セキュリティ インテリジェンス レポート 第 12 版より Read More »

Who Gets It and Who Doesn’t? (Windows Genuine Advantage and Security Updates)

Handle:Mando Picker IRL: Dustin Childs Rank: Security Program Manager Likes: Protecting customers, working with security researchers, second Tuesdays, bourbon, mandolins Dislikes: Using “It’s hard” as an excuse, quitting when it gets tough, banjos One of the things I get to do in the Microsoft Security Response Center (MSRC) is talk to our customers and tell …

Who Gets It and Who Doesn’t? (Windows Genuine Advantage and Security Updates) Read More »

セキュリティ インテリジェンス レポート 第7版(2009年上半期)

小野寺です。 2009年上半期の脆弱性やマルウェア動向についてまとめた、セキュリティ インテリジェンス レポート (SIR) 第7版を公開しました。 本レポートは、半期に一度公開しており、さまざまなデータを基に現在のセキュリティ動向を分析しています。 最新のレポートは、以下のサイトから入手できます。 要約版である、主要な調査結果 (Key Findings)の概要を、各国語でこうかいしていますが、今回は、日本語版のみ完全版レポートから「各地域における脅威の評価」、「各国の最善策 (Best Practice)」を抜粋して日本語化して付録として追加しています。 研究者だけではなく、IT管理者や開発者の方には必ず読んでほしい、レポートになっています。 マイクロソフト セキュリティ インテリジェンス レポート v7http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=037f3771-330e-4457-a52c-5b085dc0a4cd さて、今回も感染率で色分けした、世界地図から確認してみます。今回、前回から地図に大きな変化があります。日本の緑が薄くなっているのが確認できると思いますが、日本の感染率が、前回の1.7から3.0に悪化しています。 単一ファミリの感染数では、Win32/Taterfが最も多いのですが、そのほか、Win32/Hupigonがアジア圏を蔓延していたことが確認されています。そのほか、全体的に満遍なく、感染数が増えた印象があります。これらのマルウェアの感染種別については、家庭と企業でも違いが出ており、以下のような状態となっています。このようなデータ以外にも、最近の攻撃手法に関する考察、フィッシングや、スパムの状況などをまとめていますので、まずは、主要な調査結果(KeyFindings)をご覧ください。 最後に、日本は、今回感染率が、悪化したものの世界的に感染率の低い国には変わりなく、この低い理由を、IPA様の協力を得てベストプラクティス(最善策)としてまとめています。普段目にすることのない、いろいろな人の活動が少しだけ垣間見えるかもしれません。

無償マルウェア対策ソフト: Microsoft Security Essentials (Morro)

小野寺です。 昨年の11月頃に、無償のマルウェア対策製品(開発コードネーム’Morro’)を提供するとアナウンスしておりました。既に報道等々で、ご存知の方も多いかと思いますが、「Microsoft Security Essentials」という名称で、正式提供に向けて作業を進めており、来週から英語版、簡体中国語版とポルトガル語版で、βテストも開始されます。βの完了後、完成版のリリースの際には、日本語も含めて幾つかの言語版を提供する予定です。 Microsoft Security Essentials が動作するのは、Windows XP Service Pack 2以降、Windows Vista, Windows 7 の各64bit/32bit版を予定しています。提供方法は、Webからのダウンロード配布となると思います。 Microsoft Security Essentials が提供される事で、いままで、ウイルス対策ソフトを購入する事が難しい経済事情の国、セキュリティにどうしても意識の向かなかった方々も含めて、マルウェア対策ソフトの導入率を向上させたいというのが私の願いです。マルウェアは、ネットワークにつながる誰かが感染していれば、犯罪者は利益を得られる為、行為を継続しますし、感染端末は、他の端末への脅威となります。 対策ソフトの普及で、この感染端末が今よりも、少しでも減っていけば、今よりも安全なインターネットになるはずです。 マルウェア対策ソフトの普及率が低くないと言われる日本ですら、毎月の「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」(MSRT)で、種類によっては、数万単位のマルウェアが駆除される事があります。 日本ですら、そのような状況で他の国はもっと悲観的な状況である事はご想像に難くないと思います。 このMicrosoft Security Essentialsで、すべてのマルウェアの問題を解決できるわけではない事は分かっています。 しかし、この対策ソフトの提供で、少し状況を変えて、犯罪者が動きにくいインターネットを実現したいですね。 司法と協力したマルウェア開発者の逮捕への協力活動や、製品自体の安全性や安全のための機能強化は、今まで以上に力を入れていきます。 ちなみに、企業、サーバー向けとしてForefrontの提供も継続していきます。統合的な管理、サポート、マルウェア対策以上にセキュリティの脅威全体に対処するための機能が必要なケースでは、Forefrontをお勧めします。 Microsoft Security Essentials は、マルウェア対策のすそ野を広げる事が目的のソフトウェアですので、法人での利用や、既存の信頼のおけるマルウェア対策ソフトウェアからの置き換えには不向きかもしれません。

AutoRun changes in Windows 7

As some of our readers are well aware, Conficker and other malware is taking advantage of the AutoRun functionality as a spreading mechanism. Furthermore, over the last couple of months, there has been a significant increase of this threat, as more malware is abusing this functionality. Further information about this specific threat has been highlighted …

AutoRun changes in Windows 7 Read More »

セキュリティ インテリジェンス レポート 第6版(2008年下半期)

小野寺です。 2008年下半期の脆弱性やマルウェアの動向をまとめた、セキュリティ インテリジェンス レポート (SIR) 第6版を公開しました。 本レポートは、半期に一度公開しており、さまざまなデータを基に現在のセキュリティ動向を分析しています。 最新のレポートは、以下のサイトから入手できます。 要約版である、主要な調査結果の概要は、日本語でご覧いただけます。 この種の研究者だけではなく、システム運用や開発にかかわる方にはぜひ、読んでいただきたい内容になっています。 マイクロソフト セキュリティ インテリジェンス レポートhttp://www.microsoft.com/japan/sir/ さて、恒例?の感染率で色分けした、世界地図から確認してみます。日本は、引き続き緑ですが、前回に比べて、幾つかの国で大きく感染率が下がっています。逆に急激に悪化した国もあります。この感染率は、悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)を1000回実行した当たりのマルウェア削除件数 (CCM) です。 さて、日本は、マルウェアに感染しているかどうかという意味では、他の国に比べて感染率が低めなのですが、サーバー(またはクライアント)が侵害されマルウェアの配布元になっているかを調べてみるとどうなのでしょうか? 日本も、マルウェアを配布してしまっている事が分かります。 これは、不適切なWebアプリケーションへのSQL インジェクションだったり、Drive By Downloadによる侵害や、そもそも管理されていないWebサーバー(WindowsもOSSも)がそれなりあるのだと思います。もちろん、Webだけではなく、通常のクライアントがBot等に感染して配布しているケースも含まれています。  この辺の攻撃を受けてしまう環境は、繰り返しになりますが適切に管理されていない事が原因の一端だと思います。企業でのConfickerの感染もそうですが、多くはパッチ(セキュリティ更新プログラム)を適用していない場合が多いと思います。サービスパックやパッチを適用しないと本当に、感染しやすいかは、以下を見ていただくと分かりやすいと思います。上記の地図同様にCCMをOSとサービスパック毎に集計したデータです。当たり前かもしれませんが、新しい方がより被害にあいにくいと言えます。 この他、今回のレポートでは、詐欺的セキュリティソフト、Drive By Download、文書ファイル(OfficeとPDF)による攻撃等に多くのページを割いており、幾つか面白い発見があるかもしれません。サーバーを立てている個人、管理者、ソフトウェアの開発者に方々には、現状の脅威に即した適切な管理と対応を切に願うばかりです。

なにもなし

小野寺です。   4/1 にまつわる話が色々あった Conficker ですが、概ね世界中で平穏な様です。 これは、(各社が警告を発する事で)事前に十分な準備ができたからなのか、Conficker の登場から時間が経過して既に十分な駆除が行われていたからなのかは、はっきりとはしませんが、一部ベンダーが警告していた様な危機的な状況は、避けられたようです。   しかしながら、今回のConfickerは、数年ぶりの目に見えて話題となったマルウェア (ワーム) だと思います。最近は、MSRT や ForeFront の検出データでは、凄い事になっていても、誰も気づかないので騒ぎにならない・・・という静かに動くマルウェアが主流だったからです。   また、現時点までを見てみると、セキュリティ更新プログラムを概ね速やかに適用していた個人利用者からの被害報告や問い合わせは、皆無と言って良いほど少なかったのですが、ニュースにも一部報道された様に、世界各国の企業では、幾つか感染が報告されています。   企業システムで、「検証のためにパッチが直ぐに適用できない」という意見を聞きますが、本当にそうなのでしょうか?確かに、2000 年前後は、セキュリティ更新プログラムを適用すると問題が発生する事も有ったのは事実ですが、現在の月例化したリリース プロセスにしてからは、品質的にかなり安定してきていると感じています。また、品質面以外にも再起動の問題もあるかもしれませんが、再起動が許されない様な高可用性システムが、何のフェールセーフもなく、1 台で稼働しているとは思えません (実際に有るのは知っています)。何らかのフェールセーフのある 2 台以上で構成されるシステムであれば、1 台ずつ適用する事で問題はないはずなのです。そして、これらの問題点について、サーバーシステムも、クライアントも同列に考えられている様に思えます。少なくとも、クライアント側の再起動が問題になる場合は、非常に限られている気がします。   もちろん、Conficker に関しては、脆弱なパスワードの問題 (と、それに関連した高権限アカウントによる感染拡大) や、USB メモリを経由した持ち込み感染があるので、パッチ管理だけが問題ではないですが、根底は、管理・掌握が十分ではないという点で同じではないかと、思っています。 日本では、システム稼働後は、”変更せずに” 安定運用させる事を良しとする傾向がありますが、それは周りの環境が変化しなかった時代の話で、今のビジネスも、セキュリティも日々状況が変化する中では、容易に柔軟に変更できるシステムやクライアント群を前提に考えてもいいのではないかと思います。 残念なことに、RFP とかを読んでも、定期・不定期 (突発性) の保守・メンテナンスに対する要求事項が記載された物をあまり見た事がありません。   取りとめなく書きましたが、Conficker に絡んで思った事を徒然に書いたので、落ちも、ネタも、なにもなし・・・です。

2009年3月のセキュリティ情報

小野寺です 2009年3月のセキュリティ情報は、事前通知からの変更はなく予定通り、計 3 件 (緊急 1 件、重要 2 件)となります。また、MS08-052の更新プログラムを一部環境向けに再提供しています。セキュリティ情報 (新規):概要情報、展開に関する情報、および脆弱性悪用指標(Exploitability Index)を、以下のサイトにまとめています。http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms09-mar.mspx 毎月のリリースに合わせて提供している、ワンポイントセキュリティ情報は、以下のサイトと、このBlogでの公開を予定しています。http://technet.microsoft.com/ja-jp/dd251169.aspx MS09-006 (Windows Kernel):特別な細工が施された画像ファイルの表示によるリモートでコードが実行される可能性または、プログラムの実行により特権の昇格が可能となる可能性があります。現時点では、脆弱性の詳細は公開されておらず、悪用コードが作成されたとしても安定したコードの提供は難しいと可能性があります。結果、特権の昇格やコードの実行が起こる前に、異常終了等によるサービス拒否状態になる事がおおかもしれません。また、安定したコードが発見された場合の脆弱性としての危険度は高いものとなりますので、不安定なコードで済んでいるうちに、早々に更新を適用するべきです。 MS09-007 (Windows SChannel):この脆弱性により、クライアント認証を持っていない攻撃者が、クライアント認証の所有者になりすます可能性があります。サーバー等で、証明書認証を使用している場合に認証を誤魔化される様な場合が最も想定しやいのですが、実際に悪用しようとすると必要条件(悪用のための前提)が多く、実際の悪用は容易ではないと思われます。しかしながら、必要条件が満たされれば悪用できますので、早めに更新を適用する事をお勧めします。 MS09-008 (DNS/WINS):大胆に簡略化すると、DNS/WINSサーバーの登録情報を改竄できる、または応答をごまかせる、名前解決時のなりすましの可能性があります。これにより、本来のURLや、マシン名で接続しているはずにもかかわらず、攻撃者の要したサイトやマシンに誘導される可能性があります。 MS08-037で対策済みのDNSのなりすまし問題と被害結果は同様ですが、今回の対策した脆弱性については攻撃の成功確率はそれほど高くは有りません。必要条件がそれなりにあり、また、悪用のためのコード(プログラム)の安定化させる事は難しいと思われます。しかし、万が一悪用された場合は管理者側、利用者側が悪用された事に気が付きにくい性質の脆弱性ですので、早めに更新を適用する事をお勧めします。 セキュリティ情報 (更新):MS08-052 (GDI+):MS08-052 は、GDI+ に関する脆弱性に対応していますが、幾つかの環境向けに更新プログラムを再提供しています。最初に提供した更新プログラを適用後に、サービスパックを適用するこおで、脆弱性に未対応の状態に戻ってしまう場合がある事が分かり、その問題に対処したものを再提供しています。サービスパック適用後に、既存の更新プログラムを適用している様な場合は、再適用の必要はありません。また、今回対象になったのは、以下のOS向けの更新プログラムです。 Windows XP Service Pack 3 (Service Pack 2の時に更新を適用し、その後 Service Pack 3を適用した場合) Windows Server 2003 Service Pack 2 (Service Pack 1の時に更新を適用し、その後 Service Pack 2を適用した場合) 悪意のあるソフトウェアの削除ツール (MSRT):今月は、Koobface に対応しています。

Conficker.C (Downadup)

小野寺です。 Conficker (Downadup)について、Conficker.C という新しい種が出て、「今までの対策が無効に!」等と刺激的な言葉を散見しますが、以前お知らせしたConfickerの対策を行っていれば、Conficker.Cの感染を防ぐ事は可能です。 ただ、感染してしまった場合は、従来のConficker以上にバックドア機能やファイルのダウンロード機能が強化されているため、別の脅威が感染PCに持ち込まれる可能性があります。Confickerに関するまとめ対策等をまとめた記事は、「Conficker(Downadup)ワームに関するまとめ」をどうぞ 以下に、Conficker.C の情報の日本語抄訳を転記しておきます。 —– 別名:TA08-297A (その他) CVE-2008-4250 (その他) VU827267 (その他) Conficker B++ (その他) 概要:Win32/Conficker.C は Windows Server サービス (SVCHOST.EXE) の脆弱性を悪用して、ネットワーク上の他のコンピューターを感染させるワームです。 脆弱性が悪用されると、共有ファイルを有効にした際にリモートでコードが実行される可能性があります。また、リムーバブル ドライブおよび脆弱な管理者パスワードを介して蔓延する場合があります。また、重要なシステム サービスやセキュリティ製品などが無効にされます。 マイクロソフトは、ユーザーがセキュリティ情報 MS08-067 のセキュリティ更新プログラムを直ちに適用することを強く推奨します。また、マイクロソフトはユーザーが脆弱な管理者パスワードを介して蔓延するこのワームから防御するため、強固なネットワーク パスワードを使用するよう推奨します。詳細情報は こちら をご覧ください。 現象システム設定の変更:マルウェアが存在する場合、次のようにシステムが変更される可能性があります: 次のサービスが無効になる、または実行しなくなります:Windows Update ServiceBackground Intelligent Transfer Service (BITS)Windows DefenderWindows Error Reporting Services 次のレジストリが変更されたことで、ネットワーク上で大量のコネクションを作成し、ログオンを試行します。そのため、アカウント ロックアウトが発生しやすくなる場合があります。HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters“TcpNumConnections” = “0x00FFFFFE” ユーザーは次の文字列が含まれている Web サイトまたはオンライン サービスに接続できなくなる場合があります。virus, spyware, malware, …

Conficker.C (Downadup) Read More »