Exploit

未更新のシステム脆弱性を狙う WannaCrypt ランサムウェア

マイクロソフトは、2017 年 5 月 12 日に、修正済みの脆弱性を悪用してワームのように拡散する新しいランサムウェアを検出しました。ほとんどのコンピューターには自動的にセキュリティ更新プログラムが適用されていますが、修正プログラムの展開が遅れているユーザーや企業も少なからず存在します。WannaCrypt (英語) と呼ばれるランサムウェアは、このように脆弱性の対策がされていないコンピューターに影響を与えます。この攻撃は現在も拡大しています。まだ MS17-010 をインストールしていないユーザーの皆様は、速やかにご対応いただけるよう再度お願いいたします。

MS13-106: Farewell to another ASLR bypass

Today we released MS13-106 which resolves a security feature bypass that can allow attackers to circumvent Address Space Layout Randomization (ASLR) using a specific DLL library (HXDS.DLL) provided as part of Microsoft Office 2007 and 2010. The existence of an ASLR bypass does not directly enable the execution of code and does not represent a risk by …

MS13-106: Farewell to another ASLR bypass Read More »

CVE-2013-3906: a graphics vulnerability exploited through Word documents

Recently we become aware of a vulnerability of a Microsoft graphics component that is actively exploited in targeted attacks using crafted Word documents sent by email. Today we are releasing Security Advisory 2896666 which includes a proactive Fix it workaround for blocking this attack while we are working on the final update. In this blog, …

CVE-2013-3906: a graphics vulnerability exploited through Word documents Read More »