Gumblar

セキュリティ インテリジェンス レポート 第7版(2009年上半期)

小野寺です。 2009年上半期の脆弱性やマルウェア動向についてまとめた、セキュリティ インテリジェンス レポート (SIR) 第7版を公開しました。 本レポートは、半期に一度公開しており、さまざまなデータを基に現在のセキュリティ動向を分析しています。 最新のレポートは、以下のサイトから入手できます。 要約版である、主要な調査結果 (Key Findings)の概要を、各国語でこうかいしていますが、今回は、日本語版のみ完全版レポートから「各地域における脅威の評価」、「各国の最善策 (Best Practice)」を抜粋して日本語化して付録として追加しています。 研究者だけではなく、IT管理者や開発者の方には必ず読んでほしい、レポートになっています。 マイクロソフト セキュリティ インテリジェンス レポート v7http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=037f3771-330e-4457-a52c-5b085dc0a4cd さて、今回も感染率で色分けした、世界地図から確認してみます。今回、前回から地図に大きな変化があります。日本の緑が薄くなっているのが確認できると思いますが、日本の感染率が、前回の1.7から3.0に悪化しています。 単一ファミリの感染数では、Win32/Taterfが最も多いのですが、そのほか、Win32/Hupigonがアジア圏を蔓延していたことが確認されています。そのほか、全体的に満遍なく、感染数が増えた印象があります。これらのマルウェアの感染種別については、家庭と企業でも違いが出ており、以下のような状態となっています。このようなデータ以外にも、最近の攻撃手法に関する考察、フィッシングや、スパムの状況などをまとめていますので、まずは、主要な調査結果(KeyFindings)をご覧ください。 最後に、日本は、今回感染率が、悪化したものの世界的に感染率の低い国には変わりなく、この低い理由を、IPA様の協力を得てベストプラクティス(最善策)としてまとめています。普段目にすることのない、いろいろな人の活動が少しだけ垣間見えるかもしれません。

黒い画面にマウスカーソル (Win32/Daonol)

小野寺です。 再起動後に、黒い画面 (またはログオンスクリーンの色) に、マウスカーソルのみが表示されてしまう・・・そんな現象が報告されています。色々と調べてみると、Win32/Daonol の最近の亜種にWindows XPが感染すると発生するようです (Windows Vista、Windows 7 では起こりません)。Daonolの不具合?なのか、OS の起動シーケンス中に、無限に処理待ちを起こしてしまうことがあるようで、Daonolが起動中に読み込まれないようにすると、解消されます。 さて、このマルウェアですが、(1) 最近出回った、メールに添付されたマルウェア(A)を、ユーザーが実行して感染、その後、マルウェア(A)が、Daonol等別のマルウェアをダウンロードするケースと、 (2) Webを参照した際に、アプリケーションの脆弱性を悪用されて、不正なコードが実行され、Daonol等のマルウェアをダウンロードするケースのおおむね2経路での感染が多いようです。 Web 経由の感染は、いわゆる gumblar (GENO, JSRDir) の手法なわけですが、少なくとも、Microsoft Updateですべての更新プログラムを適用して、使用している他社のアプリケーションも最新の状態にしておけば感染しなかったのですが、アプリケーションの更新に注意を払うということは、まだ十分に根づいていないのかもしれません。 今後も、この手の手法は頻繁に使われるでしょう。そのためにも、以下の点を再確認したいところです。 Microsoft Update のすべての更新を適用するセキュリティ上は、最新のサービスパックと、セキュリティ更新プログラムの適用のみで十分ですが、他の安定性向上のための各種更新も適用することをお勧めします。利用の手順は、http://www.microsoft.com/japan/security/bulletins/j_musteps.mspx に掲載しています。 信頼できる、最新の状態のマルウェア対策ソフトを使用するまだ、マルウェア対策ソフトを導入していない場合は、すぐに販売店等で信頼できるものを入手して欲しい。 または、無償で提供している Microsoft Security Essentials の導入を検討することをお勧めします。企業では、Forefront の利用をお勧めしています。 他社のアプリケーションを常に最新の状態にする他社のアプリケーションにも、脆弱性はあります。 しかし、この事を十分に認識して、対策を行っている利用者はまだまだ十分な数ではないと感じています。アプリケーションを導入する際には、自動的に更新機能が有るかを確認する、またはユーザー登録などを通じて重要な通知を受け取れるようにしておくことをお勧めします。参考: http://www.microsoft.com/japan/protect/yourself/downloads/applupdate.mspx  さて、冒頭で紹介した、Windows XP で黒い画面で止まってしまう現象のかたは、一例として、以下のレジストリを削除することで回復できます。とはいえ、このレジストリを操作するために、WinPEイメージによる起動か、Windows Vista 以降の回復コンソールが必要になりますし、不用意なレジストリ操作はいささか危険です。 [HKEY_LOCAL_MACHINE\software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Drivers32] “midi9″=”C:\\WINDOWS\\<random>.tmp <random>“ PCが2台以上あれば、感染したHDDを正常な PC に接続してウイルス対策ソフトでHDD全体をフルスキャンする方法もありますが、やはりPCに十分に慣れた方以外には難しい作業だと思います。近隣に詳しい方がいれば、助けを求めて今後感染しないように設定してもらう方法も取れると思いますが、そのような方がいない場合は、各種サービス事業者やサポートに相談するのが良いかもしれません。