Kovter

Windows Defender Advanced Threat Protection の機械学習: 未知の侵入アクティビティの検出

マイクロソフトは積極的に次世代のセキュリティ テクノロジに投資しており、マイクロソフトが誇る膨大なデータ セットを集約する能力を使用し、そのデータから学習するインテリジェントなシステムを構築しています。機械学習 (ML) システムでは、日々の膨大な数のイベントに潜む脅威や、従来のセンサーでは反応しない未知の小さな異常を見つけ出すことができます。

Windows Defender ATP でステルス性の高いクロスプロセス インジェクション手法を検出する: プロセス ハロウイングと AtomBombing

高度なサイバー攻撃では、ステルス性と持続性が重視されます。攻撃が気づかれずにいる期間が長いほど、より横断的に侵害し、より多くのデータを抜き取り、より大きなダメージを与えることができます。検出を防ぐために、クロスプロセス インジェクションを利用する攻撃者が増えています。