Windows 10 で進化したモバイル デバイス管理 (MDM)

企業や組織でお勤めの皆さんにお尋ねします。仕事用に何台の端末を使用されていますか? 社内の机の上にはデスクトップ PC、社外での打ち合わせ用にはタブレット PC、自宅で会社のメールをチェックするのは個人所有のスマートフォン、といった方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?端末の OS も、PC は Windows、タブレットは iOS、スマートフォンはアンドロイド、といったような混在環境が珍しくないと思います。 さまざまなタイプの端末の利便性を最大限享受しつつ、自社のセキュリティ ポリシーを遵守するのは IT 管理者にとって大きな課題です。それをクリアするためには、各端末やポリシーを効率的に管理することが不可欠で、巷にはありとあらゆるモバイル デバイス管理 (MDM) サービスがあふれています。 MDM を語るときには、モバイル デバイスに管理コマンドを送るサーバーと、そのサーバーからのコマンドを受け取りデバイス上で稼働するクライアント コンポーネントの両方を見る必要があります。MDM クライアントとしての Windows 10 は、Microsoft Intune、System Center Configuration Manager から管理できます。また、サードパーティの MDM サーバーから、Mobile Device Management プロトコル や、Mobile Device Enrollment プロトコル version 2 といったMDM プロトコルを通じて管理することができます。 ここでは、MDM クライアントとしての Windows 10 でサポートされているポリシーにスポットを当てたいと思います。 Windows 10 で進化した MDM 機能 Windows 8.1 でも組み込まれていた …

Windows 10 で進化したモバイル デバイス管理 (MDM) Read More »