#MSIT

Microsoft’s Cyber Defense Operations Center shares best practices

Today, a single breach, physical or virtual, can cause millions of dollars of damage to an organization and potentially billions in financial losses to the global economy. Each week seems to bring a new disclosure of a cybersecurity breach somewhere in the world. As we look at the current state of cybersecurity challenges today, we …

Microsoft’s Cyber Defense Operations Center shares best practices Read More »

マイクロソフトだってウイルスに感染します

こんにちは、村木ゆりかです。 マイクロソフト社では、100 以上の国に約 15 万人の社員が在籍し、社内 IT 環境 (Microsoft IT) では、約 60 万台のデバイスが利用されています。社内 IT 環境では、最先端のソフトウェアや技術が利用されており、物理的にも IT システム的にも最新のセキュリティ対策が施されています。 そんな最新の社内環境ゆえに、「マイクロソフトは、ウイルスになんて感染しないでしょ?」と聞かれることがあります。 いいえ、そんなことはありません。実は、2015 年下半期、社内環境では、約 200 万件のウイルスを検出し、41 件の感染を確認しています。   マイクロソフトのマルウェア感染状況 マイクロソフト社内 IT 環境では、社内ネットワークに接続するすべてのデバイスは、リアルタイム監視が動作しているマルウェア対策ソフト (ウイルス対策ソフト) が、6 日以内の定義ファイルを持っている最新のソフトウェア バージョンで稼働している必要があります。Windows 8 以降に無償で付属している Windows Defender か、System Center Endpoint Protection 2012 (SCEP) がマルウェア対策ソフトとして利用されています。(なお、Windows Defender も SCEPも定義ファイルやエンジンは同じです) 2015 年下半期 (7 月から 12 月) では、月の平均で約 98% のデバイスがこのポリシーに準拠しています。   ウイルスをはじめとした悪意のあるソフトウェア …

マイクロソフトだってウイルスに感染します Read More »