[インターネット安心デー] 安全にインターネットを利用するために

こんにちは、村木ゆりかです。   今日はセキュリティ情報の公開日ですが、同時に行われているインターネットをより安全な環境にするためのキャンペーンについて紹介します。   昨今、子供や若者におけるインターネットの利用率は増加しています。先日のブログ 子供とインターネットの安全性:適切な年齢とは でご紹介したように、親の 94% は子供が少なくとも 1 つのオンライン サービスまたはデバイスを使うことを許可しているという結果がでています。 インターネット安心デーは、オンライン テクノロジとモバイルにおける安全で責任ある使用を、特に若者や子供たちへ促すことを目的として行われているイベントです。欧州委員会と InSafe によって主催されており、 毎年 2 月、第 2 火曜日に開催されており、2004 年に開始以来、今回で 11 回目の開催となります。今年のテーマは “Let’s create a better internet together” です。 マイクロソフトも、毎年インターネット安心デーに協賛し活動を行っています。   意識調査結果 マイクロソフトでは、インターネット安心デーに、マイクロソフト コンピューティング セーフティ インデックス (MCSI) を利用したユーザーの意識調査結果を公開しています。(注釈 1) 今年もマイクロソフトでは、MCSI診断を世界20か国、約10,000人のユーザーを対象に実施し、結果を公開しました。世界の総合平均スコアは、100点満点中 34.6点となっており、2012年度の 34.6 点とほぼ同じであり、進展が見られないことが分かりました。 また、インターネットにおける被害は、合計で推計約2兆3000円億円にも上ると分かりました。被害に遭った方一人当たりの損失額としては、インターネットにおいてビジネス上の評判が傷つけられる事による被害が一番多く、約5万3500円でした。   ■日本における結果 日本は、総合スコアで20か国中最下位の23.4点、世界平均よりも11.2 点も低い結果でした。ユーザーのセキュリティ対策や意識が世界に比べてまだまだ未熟である状況です。セキュリティ更新プログラムの適用など、良く知られた基本的な対策は多くの人が実施しているものの、オンラインに関するセキュリティやプライバシーに関しては、対策をしていない、あるいは勉強を行っていないなど、意識が低い傾向があります。 ・コンピューターのセキュリティ更新プログラムの自動更新を有効にしている人は 91% (世界平均82%) ・スマートフォンなどのモバイルデバイスにPINやパスワードを設定している人は 11% …

[インターネット安心デー] 安全にインターネットを利用するために Read More »