vulnerability

Prevent the impact of a Linux worm by updating Exim (CVE-2019-10149)

This week, MSRC confirmed the presence of an active Linux worm leveraging a critical Remote Code Execution (RCE) vulnerability, CVE-2019-10149, in Linux Exim email servers running Exim version 4.87 to 4.91.  Microsoft Azure infrastructure and Services are not affected; only customer’s Linux IaaS instances running a vulnerable version of Exim are affected.  Azure customers running VMs with Exim 4.92 are not …

Prevent the impact of a Linux worm by updating Exim (CVE-2019-10149) Read More »

Standing behind “MSRC Listens”

Last week at BlueHat’s “MSRC Listens” session, I took the stage with Mechele Gruhn, manager of the Vulnerability Response PM team, to explain how MSRC is changing our communication, workflows, and tooling to deliver an improved user experience for our partners in the security research community. We promised to communicate more about what’s happening in …

Standing behind “MSRC Listens” Read More »

未更新のシステム脆弱性を狙う WannaCrypt ランサムウェア

マイクロソフトは、2017 年 5 月 12 日に、修正済みの脆弱性を悪用してワームのように拡散する新しいランサムウェアを検出しました。ほとんどのコンピューターには自動的にセキュリティ更新プログラムが適用されていますが、修正プログラムの展開が遅れているユーザーや企業も少なからず存在します。WannaCrypt (英語) と呼ばれるランサムウェアは、このように脆弱性の対策がされていないコンピューターに影響を与えます。この攻撃は現在も拡大しています。まだ MS17-010 をインストールしていないユーザーの皆様は、速やかにご対応いただけるよう再度お願いいたします。

Office 365 のセキュリティ研究者の皆さまへ: 2017 年 3 月 ~ 5 月は報奨金が 2 倍になります

ユーザーの保護と研究者への報奨という方針に従って、Online Services Bug Bounty プログラムの更新についてお知らせします。2017 年 3 月 1 日から 5 月 1 日までの間、Exchange Online および Office 365 管理ポータルについて提出された対象となるセキュリティの脆弱性に対して 2 倍の報酬を支払います。

Windows 10: 強化された脆弱性緩和技術で攻撃のコストを上げる

システムやアプリケーションの脆弱性を悪用し、不正なコードと置き換えて実行させるのは典型的な攻撃手法の 1 つですが、この場合、脆弱性を足がかりに、追加のマルウェアのインストールなどが行われ、結果的にコンピューターを好きなように操作されてしまいます。脆弱性にはセキュリティ更新プログラムを適用するのが最善策ですが、必ずしもすぐに適用できなかったり、ゼロデイのようにセキュリティ パッチが作成される前に攻撃が実行される場合もあります。   そのような状況からシステムを保護するために、Windows 10 では、実効性のある攻撃コードの開発を困難にするための、より強化された機能が搭載されています。   強化された脆弱性緩和機能 脅威に対する耐性の 1 つとして、また攻撃コストを高めるため、Windows には、脆弱性を悪用した不正なコード実行を防ぐ (困難にする) いくつかの緩和機能が搭載されています。Windows のバージョンを重ねるごとに、そのときどきの悪用手法に対抗する機能が追加、強化されており、Windows 10 では、新たな機能として制御フロー ガードという緩和機能が追加されました。     Windows 2003 以前 Windows XP SP2 Windows Vista/7 Windows 8 Windows 10 追加/強化された機能 特になし DEP /GS SafeSEH Heap hardening v1   ASLR v1 SEHOP Heap hardening v2   ASLR v2 Kernel SMEP & …

Windows 10: 強化された脆弱性緩和技術で攻撃のコストを上げる Read More »

Security Advisory 2755801 revised to address Adobe Flash Player issues (Feb. 26, 2013)

Today we revised Security Advisory 2755801 to address issues in Adobe Flash Player in Internet Explorer 10 on Windows 8. This advisory revision was released in conjunction with Adobe’s update process. Customers who have automatic updates enabled will not need to take any action because protections will be downloaded and installed automatically.  Customers who do …

Security Advisory 2755801 revised to address Adobe Flash Player issues (Feb. 26, 2013) Read More »

Microsoft security updates and the Common Vulnerability Reporting Framework

As a part of the Industry Consortium for Advancement of Security on the Internet (ICASI), Microsoft is pleased to present an initial set of monthly security updates – originally released on May 8 – in the consortium’s newly established Common Vulnerability Reporting Framework (CVRF) format, for your examination and feedback. Today, ICASI released version 1.1 …

Microsoft security updates and the Common Vulnerability Reporting Framework Read More »

Exploitability Index Improvements Now Offer Additional Guidance

Exploitability Index Improvements Now Offer Additional Guidance In October of 2008, Microsoft published its first Exploitability Index: a rating system that helps customers identify the likelihood that a specific vulnerability would be exploited within the first 30 days after bulletin release. As of this month, we are making some changes to the rating system to …

Exploitability Index Improvements Now Offer Additional Guidance Read More »