Windows 10 S

「Emotet」の大規模感染を阻止した人工知能のしくみ

2 月 3 日午前 12 時 46 分 (現地時間)、ノースカロライナ州に住む Windows 7 Pro のお客様が Trojan:Win32/Emotet (英語情報) と呼ばれる新手のマルウェア キャンペーンの攻撃の最初の被害者となりました。その後 30 分の間に 1,000 人以上に攻撃が仕掛けられましたが、Windows Defender AV の瞬時の自動保護により、すべてのお客様が被害を免れました。

はい、これで見えますね: ファイルレス マルウェアをさらけ出す

攻撃者は、ますます高度化するテクニックを駆使して、セキュリティ防御策を回避することに懸命になっています。ファイルレス マルウェアによって攻撃のステルス性と有効性は高まり、昨年流行した重大なランサムウェアのうち 2 つ (Petya と WannaCry) はキル チェーンの一部としてファイルレスのテクニックを使用しています。

Petya ランサムウェア攻撃に対する Windows 10 プラットフォームのレジリエンス

2017 年 6 月 27 日に発生した Petya ランサムウェアによる攻撃 (このブログで詳細分析を実施 (英語情報)) は、先月の WannaCrypt (WannaCry としても知られる) 攻撃よりも影響が大きい事態として認識されているかもしれません。なぜなら、Petya は WannaCrypt と同じ SMB のエクスプロイトを悪用し、さらに 2 つ目のエクスプロイトとその他の横断的な侵害手法を追加しているからです。しかし、テレメトリでは攻撃の蔓延範囲は WannaCrypt よりも少なく示されています。