Worm

Patch new wormable vulnerabilities in Remote Desktop Services (CVE-2019-1181/1182)

Today Microsoft released a set of fixes for Remote Desktop Services that include two critical Remote Code Execution (RCE) vulnerabilities, CVE-2019-1181 and CVE-2019-1182. Like the previously-fixed ‘BlueKeep’ vulnerability (CVE-2019-0708), these two vulnerabilities are also ‘wormable’, meaning that any future malware that exploits these could propagate from vulnerable computer to vulnerable computer without user interaction. The affected …

Patch new wormable vulnerabilities in Remote Desktop Services (CVE-2019-1181/1182) Read More »

Prevent the impact of a Linux worm by updating Exim (CVE-2019-10149)

This week, MSRC confirmed the presence of an active Linux worm leveraging a critical Remote Code Execution (RCE) vulnerability, CVE-2019-10149, in Linux Exim email servers running Exim version 4.87 to 4.91.  Microsoft Azure infrastructure and Services are not affected; only customer’s Linux IaaS instances running a vulnerable version of Exim are affected.  Azure customers running VMs with Exim 4.92 are not …

Prevent the impact of a Linux worm by updating Exim (CVE-2019-10149) Read More »

未更新のシステム脆弱性を狙う WannaCrypt ランサムウェア

マイクロソフトは、2017 年 5 月 12 日に、修正済みの脆弱性を悪用してワームのように拡散する新しいランサムウェアを検出しました。ほとんどのコンピューターには自動的にセキュリティ更新プログラムが適用されていますが、修正プログラムの展開が遅れているユーザーや企業も少なからず存在します。WannaCrypt (英語) と呼ばれるランサムウェアは、このように脆弱性の対策がされていないコンピューターに影響を与えます。この攻撃は現在も拡大しています。まだ MS17-010 をインストールしていないユーザーの皆様は、速やかにご対応いただけるよう再度お願いいたします。